〜秩父宮ラグビー場〜
Yahoo!地図情報

地下鉄銀座線・外苑前駅から徒歩数分。
JR・信濃町駅、千駄ヶ谷駅、地下鉄大江戸線・国立競技場駅などから徒歩約20分。



明治神宮野球場などもある明治神宮外苑内にあるラグビー専用競技場。
Prince ChiChibu
Memorial Ragby Ground
ラグビー場でサッカー(Jリーグ・ルヴァン杯)をする!?という事で観に行きました。
何故こういう事になったのかというと、FC東京のホーム・味の素スタジアムがラグビーW杯に向けた大規模改修工事を行っている最中で、平日に使用できないから。
更に都内で他にある程度収容できるスタジアムが無いから。(新国立競技場はまだ建設中)

秩父宮ラグビー場でのサッカー開催は1964年東京五輪以来55年ぶりとの事。もちろんJリーグでは初。
メインスタンド内
スタンド内に色々な飲食類を
販売しているお店がありました
スタンド内、FC東京グッズショップ
2019Jリーグ YBCルヴァン・カップ
FC東京×サガン鳥栖
サッカー仕様に整備されたピッチ
メインスタンド
訪問したこの日と来月に行われる2試合が秩父宮ラグビー場でJリーグが行われる最初で最後かもしれないという記念すべき日?はあいにくの極寒の雨。

買ったチケットはメインスタンドの自由席だったので予定より早めに行って中央上方にのみかかっている屋根の下の席を確保してから場内散策。
ちなみにメインスタンドから見て右側の上方にも屋根はありましたが、それ以外の席は屋根無し。
この右側の席は当初「ビジター自由席」でしたが、雨のため急遽半分「ホーム自由席」になったようです。
向こう側に隣接する神宮球場が見える
試合前、練習・調整をする選手達
スタメン
FC東京サポーター
こちら側のスタンドは立ち見席のみ
試合開始
断続的に雨が降り続き気温も約6度という天候の中、試合開始。

前半開始直後は鳥栖が気迫を出していて、高い位置で何度もボールを奪いFC東京ゴールを脅かす。
その後FC東京も太田のフリーキックなどで惜しいシーンがあるもスコアは動かず、0−0で前半終了。

照明の明るさがJ1基準を満たしてない(特例で開催が認められた)と聞いていましたが、見る分には特に問題ない明るさ。でも写真で見るとやはり少し暗めですかね?
後半10分頃、攻撃を強めるため鳥栖がクエンカ、その10分後にはFC東京が17歳・久保建英を投入。

向かえた後半39分、右側ペナルティエリアのすぐ外からのセットプレーを久保が左足一閃。(恐らく)前にいた選手でボールが見えず反応が遅れたキーパーの右を抜け、ゴール左隅に決まり先制ゴール!
これが決勝点となり1−0でFC東京の勝利。

 〜2019YBCルヴァンカップ第3節〜
 FC東京1−0サガン鳥栖
 得点:東・久保建英

(2019.4/10 メイン自由席)

FC東京フリーキックのチャンス
久保建英が直接ゴールを決める


ウィキペディア(Wikipedia)「秩父宮ラグビー場」

TOPへ戻る



inserted by FC2 system